東仙台駅から徒歩8分

ブリッジの良い所・悪い所

 

みなさんこんにちは!青葉会事務局の庄子です!仙台市宮城野区かさはら歯科医院をいつもご利用いただきありがとうございます!

治療内容の説明を受けても言葉だけではなかなかイメージできないことってありますよね(;・∀・)そんな時はかさはら歯科医院の説明動画を是非ご覧になってみて下さい!!

インプラント動画 https://youtu.be/z5WecMmQcRE
PMTC・ステインオフ動画 https://youtu.be/j6q3KlOcPHI
ホワイトニング動画 https://youtu.be/ONn6x44noM4
セラミック治療動画 https://youtu.be/AW9QhBaob9A
今日は失った歯の治療方法の1つの「ブリッジ」について説明します。
歯を虫歯や歯周病で失ってしまうと、代わりの歯を入れないといけなくなります。何故そのままにしてはいけないのかと言うと、まずは見た目が悪いですね。そして歯は1本1本大事な役割があり、1本でも失ってしまうと噛む力も弱くなってしまいます。噛む力が弱いと硬いものが噛めなくなったり、奥歯を食いしばって重い荷物を運んだり、スポーツを思いっきり楽しむことが困難になってしまいます。歯がないと体のバランスを保つのも難しくなるという研究結果もありあります。また、歯を抜いたままにすると隣の歯や噛み合う上の歯が横に倒れたり、伸びてきてしまいます。そうすると歯並びやかみ合わせのバランスが崩れてしまいます。これを治すとなると・・・矯正をしたり、虫歯じゃないのに神経をとる治療や被せ物をしないといけなくなってしまいますのでお金の負担や、歯科にかかる時間や期間が長くなってしまいます。
では抜いた歯を補う治療法としてどんなものがあるかというと、入れ歯・ブリッジ・インプラントという大きく分けて3つの方法があります。今日はブリッジに注目して詳しく説明しますね。

ブリッジ

ブリッジは抜いた歯の両隣の歯があれば治療可能です。隣の歯を小さく削って繋がった被せ物をして抜いた歯の所にダミーの歯を入れます。両隣の歯で真ん中を支える感じです。イメージしずらいと思うので絵をみてみて下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両隣の歯ってこんなに小さくなってしまいます。元々虫歯で神経をとってしまった歯などであれば、歯を削るリスクはないのですが、これが健康な歯だった場合・・・・ブリッジを入れるために歯を削ったり(神経をとる場合もあります)するのはとってももったいない気がします。(その時はインプラントや入れ歯など他の治療法を考えてみましょう)

でもブリッジにはいい面もあります。固定式(入れ歯のように取り外し式ではない)なのでパカパカ外れたり、口の中に違和感があるなどはないと思います。噛む力も入れ歯よりは良いです。健康保険適用で作成できるので費用も抑えられます(ただし保険で使ってよい材料は金属のみ。絵のような白いブリッジを入れるには自己負担になります)。

ブリッジは繋がっているのでお手入れが大事になります。歯間ブラシを使ってお手入れしないと虫歯や歯周病になりやすいです!!

 

どのように治療を進めていくかは、メリット・デメリットを確認して、よく相談してから決めましょう!!

インドアビュー