東仙台駅から徒歩8分

最近の状況

こんにちは。歯科医師の高橋(克)です。

本日は、今はこのような時期なので、最近の仕事の事やその他のことなどを書いていきたいと思います。

 

今年は、国の緊急事態宣言を受けて、コロナウイルス感染予防として、全国的に感染予防と自粛ムードなわけですが、

私達の職場もその影響による変化は、少なからず受けています。

 

まず、マスク、グローブ、紙エプロンの品不足。

受付には、感染予防のための透明の対面シールドが設置され、

患者さんには、診療前におでこにかざすタイプの体温計で体温を計測したり、からだの不調がないかアンケートを書いていただいたり、

うちの歯科医院で作っている、電解次亜水などによる、ユニット消毒を徹底させるなど、ドクターやスタッフはもとより、ますます感染対策に努めている状態です。

 

ケアルームは、扉を開けて、換気を良くして、加湿器を設置しており、

検診の時に、ドクターがフェイスシールドを着けて、登場したりするので、

お子さんなど、時々びっくりされますが、癒しのケアは今だ健在です。

 

治療はドクターと患者さんとの相談で、どこまで治療をするかどうかの確認をしながら、

必要最小限と思われる処置をメインに慎重に進めていっているような状況です。

 

時には、このような時期ですが、あえて感染リスクの低い空いている時間帯を狙ってまとめて治療したいという患者さんもおられるようです。

予約の取り方も、平日のお昼など、待合室が「密」にならないようなタイミングを考えてご案内できるよう、こちらなりに配慮をさせていただいたりしているようです。

 

「密」といえば、今話題の自粛関連系のネットゲームが、面白そうですね。

先日、家の人がそんなゲームをやっていました。まずそれはどんなものだったかというと、

東京都知事らしき人物が、歩く方向に密にならないように他の人を避けるだけのただ単純なゲームなのですが、

彼女と密になると、ご本人らしき声で「密です。」と怒られます。

そして日本の首相らしき人がでてくると、その人はマスクを二枚持っており、その人からマスクを貰うと、ライフが上がるというシステムです。

同様にアメリカ編と中国編もあるらしいです。それも同じく、やはり日本の首相からマスクを貰うとライフが上げられるというものらしいです。

 

何かとストレスがたまりやすいステイホーム期間ではありますが、たまにはこんなゲームで息抜きして、気分転換するには良いかもしれませんね。

 

 

インドアビュー