東仙台駅から徒歩8分

託児室新聞 きっずるーむ 2022年9月号

夏の暑さも和らぎ、秋の匂いで気持ちいい風が感じられるようになりました。
新しい季節の訪れを楽しみにしながら、9月も体調を崩さずに、元気に過ごしましょう。

お歯なし

下の前歯が生えたら

授乳や離乳食の後、ガーゼか脱脂綿を人肌のお湯に浸して、丁寧に歯の周りを拭くことから始めましょう。
何でもお口に入れる時期は、歯ブラシをおもちゃがわりに持たせ、歯ブラシに慣れさせることが大切です。
1〜2歳ごろになったら、やわらかい乳児用歯ブラシでお母さんが、3歳ごろからは幼児用歯ブラシでこども自身が磨く習慣をつけるようにしましょう。
この時期に、きちんと歯磨き習慣をつけることが、第一歩です。

こどもの歯磨きポイント

  • 乳児のむし歯になりやすいところは、上の前歯(歯と歯の間、歯と歯茎の境目)、臼歯(噛み合わせで、歯と歯の隙間など)です。
  • こどもをまっすぐに寝かせる。(あぐらを組むと安定します)
  • 歯をよく見て、確実に歯ブラシを当てる。(歯茎、舌などにブラシを当てないように)
  • 広がった歯ブラシを使わない。(歯垢をきれいに落とすことができないだけでなく、歯茎を傷つけます)

今が旬のレシピ

もちもち!黒豆入りかぼちゃだんご!

材料(2人分)

  • かぼちゃ 250g
  • 黒豆煮 適量
  • 塩 小さじ1
  • 片栗粉 大さじ3
  • バター 10g
A
  • 醤油 小さじ1
  • 砂糖 小さじ1
  • 水 20ml

作り方

  1. かぼちゃは乱切りにして、ある程度皮を切り落とす。
  2. 塩とかぼちゃの半分程度の水(分量外)を入れて、落とし蓋をする。
  3. 中火で8分くらい煮る。箸が刺さればOK。
  4. かぼちゃが煮えたら残ったお湯を捨て、弱火で1分ほど鍋を揺すりながら水分を飛ばす。
  5. 暑いうちにしっかり潰して、片栗粉を加えて混ぜる。
  6. ヘラで練りつつ、黒豆煮を加える。
  7. ひとまとめの棒状にする。
  8. 1cmほどの暑さに切り分けて形を整える。
  9. バターをひいたフライパンで、弱めの中火で1分焼く。
  10. ひっくり返して弱火にし、2分ほど蓋をして焼く。
  11. 味が物足りなければ、焼いたフライパンでこのままタレを作る。
  12. Aを煮詰めタレを作り、だんごにかけていただく。

野菜嫌いのお子さんにもピッタリ!
お団子なので、喉に引っ掛けないように、お水やお茶など、水分も一緒に摂りましょう!

 

インドアビュー