東仙台駅から徒歩8分

マウスピース矯正🦷✨

こんにちは🌞歯科衛生士の田中です!!

 

最近知人に「3番目の歯が上から出てくることってなんて言うの?」という質問を受けました。

八重歯のことかな?と思い返すのその通りだったのですが、「八重歯って言うの?」と言う質問がさらに返って来ました…😓

私もあれ…?なんで八重歯って言うのだろうと思い、急いで調べてみました。

八重歯とは、、もともとは弥重歯という漢字だったみたいで、この『弥』という漢字は『大きく』『ますます』『いよいよ』などあとの文字を強調する文字のようです🤔💭

その弥重歯が何故か読みはそのままで八重歯に変わってしまったというお話と、八重桜のように重なり合って生えてくる様から八重歯となっていたり…所説あるようです!

こういう由来などが分かるとさらに面白いですね!私も今回かなり勉強になりました🙌

 

今回は歯の重なりの改善…矯正についてのお話です!

矯正はワイヤー型、マウスピース型など様々あります。そのうちの本日はマウスピース型についてお話をさせていただきます🦷

 

最近SNSやテレビでも話題のマウスピース矯正ですが、果たして何が利点なのか見ていきたいと思います!

①ワイヤーではないので、矯正をしている時から審美を保てる!

矯正で問題になるのは、やはり見た目ですよね💦ワイヤーでは明らかに矯正をしているというのが周りから分かります。マウスピース矯正では透明なマウスピースを使用するので、つけていてもほとんどわかりません。

 

②ワイヤーがとれたり、そのせいで口腔内が傷つくということがありません!

ワイヤー矯正あるあるは、日常生活でワイヤーが取れてしまったり、またそのせいで口腔内が傷つくというのもあるそうです。(友人体験談)

マウスピースであれば、取り外しだけなのでそういったことがほぼないと言えます!

 

③金額、期間がワイヤー矯正の半分または半分以下と言われています。

矯正になると必ず問題になるものですが、ワイヤー矯正よりも金額が安く、短期間でおこなえます。

 

かなりワイヤー矯正に比べて、良い面が見られましたね!

ただ、ワイヤー矯正と比較した時に、自分で着脱ができるために、つけてない時間が長くなり動きが悪くなったり、全部の歯だけではなく限定的な歯の矯正になり症例に限界があること、つけている時の飲食後できないのとがデメリットしてあげられます。

 

私自身マウスピース矯正をしてみて、つけている間の飲食の制限に関してはあまり気になりませんでした!

ただやっぱり矯正ということなので動かす時はちょっと歯が痛かったです😢

ですが終わった今ではやってよかったと思ってます!

 

もし気になる方はご相談頂ければ、シュミレーションを行い、これくらい動かすことが出来るとだいたいの状態を確認することができます!

みなさんもぜひ体験してみてください✨

 

インドアビュー