東仙台駅から徒歩8分

ノンシュガー

皆さんこんにちは!かさはら歯科医院歯科衛生士の西田です🐥
今月中旬にとみざわ駅前歯科から異動してきたばかりなので初めましての方も多いと思いますが、精一杯頑張りますので宜しくお願い致します🙇‍♀️
まずは簡単に自己紹介をさせて下さい!
今1番好きな物はジャニーズのSixTONESさんです🥰同担拒否の方もいるとは思うので推しをお伝えするのはここでは控えさせていただきますが、ぜひぜひSixTONES好きな方いらっしゃれば気軽に話しかけてください💭
SixTONESにハマる前は主にバンド系の曲ばかりを聞いていました!(RADWIMPSやクリープハイプ等)出勤退勤の際には必ず音楽を聴く程音楽大好きなのでぜひぜひ皆さんのおすすめも教えてください📢
また、生まれも育ちも宮城県で、ゆったりマイペースなO型です💭

 

 


今回のテーマは
『ノンシュガーなら大丈夫?大丈夫じゃない?』です!
皆さん!虫歯の原因はお砂糖と思ってませんか?
例えばコーラ。コーラ飲んでるけどノンシュガーなので大丈夫でしょ!って言う方もいるのですが、
お砂糖が入ってないからと言って虫歯にならない訳では無いのです!
お口の中に糖分(お茶、水、キシリトール系以外はだいたい含まれてます)が入ると、お口の中の菌が糖分を餌にして、酸、を作り出します。お口の中が酸性に傾くと少しずつ歯の表面が溶けだし、それが続くと虫歯になって行くのです👿
つまり、酸性に傾けば傾くほど虫歯リスクは大きくなるのです!
ノンシュガーの物でも、特にコーラの場合は、そもそもコーラ自体がpH2〜3と酸性なのです。
お砂糖が入ってないからと油断して飲み続けてしまうと自覚ないままお口は酸性の状態に傾き、そのまま寝たりしてしまうと、なかなか中性に戻らないまま、、、とても恐ろしいですよね😢
特に飲み物は一気に飲むことの方が少なく、ちょびちょびっと飲む方が多いと思います!実はその行動も危険なのです。
虫歯の成り立ちには、時間、も大きく関係しています。
先程お話した、酸性に傾き表面が溶けだす、という状態は、唾液の緩衝能という中性に戻してくれる力のおかげで均衡が保たれているのです。
しかし、だらだらと食べていると、せっかく唾液が中性に戻しててもその途中でまたすぐ酸性に傾いてしまい、、の繰り返しで、結果的には酸性に傾く時間が多くなってしまうのです。
糖分を一切とらない!というのはなかなか難しく、おやつも自分へのご褒美としては大切なものなので、ゼロにする、というよりかは少しでも虫歯にならない食べ方をする、という工夫をしましょう。
詳しく調べたい方は
〖ステファンカーブ〗〖カイスの輪〗で調べてみてください!
虫歯の成り立ちを知れば、予防する方法もだんだんわかって来ます。ただ我慢する、のではなく、いかに工夫してリスクを減らすことができるのか考えてみましょう!
人によって虫歯のリスクや持ってる菌等は全く違うので歯科医院を受診し、自分のリスクにあった工夫をぜひ一緒に考えていきましょう!

ここまで読んで下さりありがとうございました🐥

インドアビュー