東仙台駅から徒歩8分

歯科衛生士さんが活躍しています

みなさんこんにちは!青葉会事務局の庄子です!仙台市宮城野区かさはら歯科医院をいつもご利用いただきありがとうございます!

 

みなさんは歯科衛生士ってどんなお仕事かご存知ですか(>_<)?今日は歯科衛生士さんのお仕事について説明していきます☆

 

 

歯を削るよりも大切な「予防」

歯が痛くなって歯医者さんに来て治療を受けて痛みがなくなったので「これで安心。また痛くなったら行けばいいか。」と考えていませんか?実は歯を削って詰めたりする治療も大事ですが、その後の「予防」の方が大切なんです。

歯を失う原因の「虫歯」や「歯周病」は※「生活習慣病」の1つです。

※生活習慣病・・糖尿病・脂質異常症・高血圧・高尿酸血症など、生活習慣が発症原因に深く関与していると考えられている疾患の総称である。日本では、かつて加齢によって発病すると考えられたために成人病呼ばれたが、1980年代から若者の発症が目立つようになり、その後の調査で生活習慣が深く関与していることが判明してきた。このため、1997年頃から予防できるという認識を醸成することを目的として呼び方が変わった。このような疾患と肥満を複合する状態を、医学的にメタボリックシンドロームと総称する。また、がん、脳血管疾患、心臓病の3大死因も生活習慣との関りが強い。肥満はこれらの疾患になるリスクを上げる。(wikipediaより)

例えば、生活習慣病の1つの糖尿病が原因で視力が下がったら・・眼鏡を作りますよね?でも、眼鏡を作ったら「見える!!終わり!!」ではなくて、血糖コントロールをしたりして合併症を予防したりするでしょう。それと同じ考え方で歯科に置き換えてみましょう。もしも虫歯で歯に穴が空いたら痛いので虫歯をとって詰めたりする治療が必要ですね。でも、それは果たして虫歯の治療と言えるのでしょうか?本当にしなくてはいけない事は、虫歯の原因をつきとめて今後他の歯が虫歯にならないように、治療した歯がまた虫歯にならないように予防していくことだと思います。

歯科の「予防」は何をするの?

予防と言われても何をしたらいいのか?は今までのブログや歯の豆知識を読み返してもらえば分かると思いますが、改めてまとめると・・・自分で正しい歯磨きを頑張るのと、歯科医院に来て自分でお手入れできなかったところをクリーニングしてもうことです。

虫歯や歯周病の主な原因は口の中の細菌です。これを減らすように頑張らないと、いくら精度の高い治療をしてもらっても予後が悪くなってしまいます。

予防をしてくれるのは誰?

では歯科医院で予防の為の歯のクリーニングや食生活の改善の相談・指導などをしてくれるのは誰でしょうか?

それが「歯科衛生士」です。

現在かさはら歯科医院では歯科衛生士さんが活躍しています(*^_^*)

そして、かさはら歯科医院では予防に力を入れているので、歯科衛生士さんはとっても必要とされている人材で、衛生士さんのための勉強会やスキルアップのためのセミナーなど学ぶ機会を沢山与えてもらえます!

歯科衛生士の資格を持っている方、現在歯科衛生士学校に通っている方、将来歯医者さんで働きたいと思っている学生さん・・・お待ちしております!!(医療法人社団青葉会では他の系列の医院でも歯科衛生士を募集しております)

現在働いている歯科衛生士(歯科助手)の感想などが聞ける動画です。是非ご覧になって下さい!

 

インドアビュー