東仙台駅から徒歩8分

子どもの事故を防ごう

みなさんこんにちは!仙台市宮城野区にあるかさはら歯科医院、保育士の佐々木です。本格的な暑さがやってきましたね。体調崩すことなく、元気にこの夏を乗り越えたいものですね!

今回から何度かに分けて、子どもに起きてしまい易い事故についてお伝えしていきたいと思います。

第一弾は、熱中症についてです。

 

《熱中症》

夏は熱中症が最も多くなる季節です。高温の炎天下にいると、大量の汗で体の水分や塩分が 失われ、体温調節がうまくできなくなってしまいます。特にこどもは体温調節機能が未熟で熱 中症になりやすいため、大人が気をつけてあげましょう。
また、熱中症は戸外でだけ起こるとは限りません。真夏の車内はクーラーをかけていても高 温になることがあります。また、家の中にいても屋内に熱がこもり、熱中症になってしまうこ とがあります。戸外、屋内にかかわらず、こまめな水分補給、温度管理など適切な対処をし、 熱中症を予防することが大切です。

【どうやって予防する?】
•こまめな水分補給をする
•子どものおしっこの量や回数に気を配る
•気温と湿度に合わせて衣類を調整する
•車内や屋内では適切なクーラーの使用を心掛ける
•こまめに日陰で休憩する
•ベビーカーを日向に長時間置かない

【子どもは熱中症になりやすい?】
* こどもは体温を調節する機能が大人に比べて未発達です。こどもは上手く汗をかけません。
* 全身に占める水分の割合が大人より高いため、外気温の影響を受けやすくなっています。
以上のような特徴から、小さなこどもほど脱水状態や熱中症になりやすいのです。

【起こってしまったときは】
* 軽いめまいや頭痛がある場合、軽い熱中症の可能性があります。衣類を緩め、涼しいところ に頭を低くした状態で寝かせます。塩分・糖分が含まれたイオン飲料を、こまめに少しずつ 飲ませましょう。
* 全身がだるそう、意識がはっきりしないなどの症状がみられたら、「熱疲労」かも知れません。 重症化しないための処置が必要です。イオン飲料をこまめに少しずつ与えながら、冷たいぬ れタオルで拭く・風を送る・クーラーの効いた部屋に寝かせるなど積極的に体を冷やすよう にしましょう。同時に病院を受診する準備をしましょう。
* 40℃を超える体温、意識障害やけいれん、汗が出なくなるなどの症状がみられる場合、生命 の危険がある「熱射病」の恐れがあります。119番通報し、救急車を呼びましょう。到着を待っ ている間も体を冷やし続けることが大切です。

 

参照:子どもの救急

インドアビュー