東仙台駅から徒歩8分

託児室新聞 きっずるーむ Vol.148・2019年1月号

「2019年 明けましておめでとうございます」

今年もかさはら歯科医院託児室をよろしくお願い致します!たくさんのお友だちと会えるのを楽しみにしています♪♪

やさいをたべよう

管理栄養士の野田です!

1月のおすすめ ブロッコリー

ブロッコリーの栄養

ブロッコリーは風邪予防やビタミンCや目や肌を守るビタミンAの他に、血液中の赤血球を作るもとになる葉酸や鉄などのミネラルも豊富です!また、ブロッコリーの花言葉は″小さな幸せ″と呼ばれています☺

おいしいブロッコリーの選び方

花蕾(からい)が密で、濃い緑

外皮がしおれていない

空洞ができていない

レシピ ″ブロッコリーのかに玉あんかけ″(2~3人分)

・ブロッコリー1こ

・かにかま3本

・卵1個

・ねぎ(みじん切り)大さじ2

・しょうが(みじん切り)小さじ2

・みりん小さじ2

・酒小さじ2

・塩小さじ1/4

・こしょう少々

とろみ

・片栗粉小さじ1/2

・水小さじ1

 

・塩こしょう

・サラダ油

①ブロッコリーを小房に分け、茎に切れ目を入れる。太い茎は1㎝の輪切りにし、皮を厚めにむく。

②卵を溶き、塩こしょうとさいたかにかまを入れる。

③ブロッコリーは塩を入れたお湯で、茎1分→房2分ゆでる。

④フライパンに油をしき、ねぎとしょうがを炒め、☆を入れ、とろみをつけてから卵を流し入れる。ブロッコリーにあんかけをのせる。

 

元気ナビ

12~3月はインフルエンザが流行する季節です。お正月休みが終わり、生活リズムが崩れやすくなる時期でもありますので、健康的な生活をして免疫力を高めていきたいですね。

〇インフルエンザと普通の風邪の違い

風邪

・様々なウイルスによって起こる。

・のどの痛み・鼻水・くしゃみ・咳などの症状が中心で全身症状はあまり見られない。

・発熱もインフルエンザほど重症化することはあまりない。

インフルエンザ

・38℃以上の発熱。

・頭痛・関節痛・筋肉痛など全身の症状が突然現れる。

・のどの痛み・鼻水・咳などの症状も見られる。

・子どもはまれに急性脳炎を合併することがある。

〇インフルエンザの予防

①ワクチン接種

②外出時のうがい・手洗い

③適度な湿度の保持(50~60%を保つ)

④十分な休養とバランスのとれた栄養摂取

⑤人混みや繁華街への外出を控える

インドアビュー