東仙台駅から徒歩8分

歳をとると入れ歯になるのはしょうがない?

こんにちは。医療法人社団青葉会事務局の庄子です。

歳をとればみんな入れ歯?

みなさん年を取ったら誰でも歯がなくなって入れ歯を入れなくちゃいけなくなると思っていませんか?

確かにおじいちゃんやおばあちゃんは入れ歯を入れているイメージって強いですよね。でも、そうとは限らないのです。

歯を失う原因の統計をとると、歯を失う原因のほとんどは「むし歯」と「歯周病」です。

むし歯は歯が溶けて痛くなります。早めに治療すればある程度進行は止めることができますが、むし歯を放置しすぎるとむし歯は歯をどんどん溶かしてボロボロにしてしまいます。

神経まで進行したむし歯は歯の中が腐っていたり歯の根の周りに膿をもったりして保存不可能になってしまいます。

そうすると腐った歯をそのまま口の中に入れておくわけにもいかないので(臭いしバイ菌がいっぱい溜まっているので他の歯に悪影響です)残念ながら歯を抜くことになります。

歯周病はどうでしょう?
歯周病は簡単にいうと歯を支えている顎の骨が溶ける病気です。

何が骨を溶かしているかというと「歯周病菌」です。口の中には細菌が沢山います。種類はカビ菌やむし歯菌や良い細菌もいますし、そして歯周病菌もいます。ただ菌の種類や多さは個人差があるのです。






このように歯を支えている顎の骨が溶けてしまうと歯は支えがなくなってグラグラ揺れてきます。

そうすると、初期はまだ進行を止める処置をすれば経過観察ですぐに歯を抜かなくても大丈夫です。しかし、歯周病がかなり進行し重度になると、歯を残していても噛んだとき動いて痛いし、歯周病独特の口臭がしたり、周りの歯にも悪い影響を与えてしまう場合があるので残念ながら歯を抜かなくてはいけなくなってしまう場合がほとんどです。

歯周病の進行を防ぐには歯周病菌を減らすことがまず大事です。

菌を減らすにはどうしたらいいでしょうか?特殊な薬とかが必要でしょうか?

答えはハミガキです。


図のように歯に歯垢がたまると歯周病は進行します。この「歯垢」が細菌の集まりなのです。「プラーク」と言ったりもします。
落としきれない歯垢がたまっていくと固まって「歯石」になります。歯石になるとなかなか自分では取れません。

歯周病の治療は患者さんがお家でハミガキを頑張って、歯医者さん(歯科衛生士)が歯石をとったりブラッシングの指導や磨き残しのチェックや生活習慣の改善の指導、その他の歯周病の処置を協力して行わないとなかなか改善しません。

なので年齢が若いからといって安心しているとむし歯や歯周病で歯を失うことになります。

逆に高齢になってもしっかり定期健診に通い自分の歯を大切にする方はいつまでも自分の歯で食べることや話すことが出来ますし、なにより表情が美しいです。

確かに40代くらいから体の免疫は低下してくるものなので、今まで口の中に歯周病菌がいても若さと免疫力でカバーしていた方が急に歯周病の症状がでる場合があります。

老化は歯周病の原因の1つではあります。しかし、高齢だからしょうがないとあきらめないでしっかりお手入れをしましょう!!

 

 


求人情報

歯科医院で働くことに興味がある方はいつでもご連絡下さい。

 

 

青葉会では教育体制が整っているので、積極性があり沢山のことを学びたい方にはぴったりの職場です。来年度向けに求人活動を開始いたしますので、興味のある方は是非見学・応募してください!

求人用のInstagramアカウントもチェックしてみてください。

@aobakai_dc

医療法人社団 青葉会 【求人】

https://www.instagram.com/aobakai_dc/

 

 

青葉会研修室

本院のかさはら歯科医院の近くに研修室があります。

ここでは研修・セミナーを行ったり、ユニットが2台あるので練習で使用しています。

4月にはここで「新人研修合宿」を行いました。

新人研修合宿は毎年4月に行う新人スタッフ向けの研修合宿です。青葉会の研修室と、研修宿泊施設を借りて2泊4日で行っています。

研修では外部の講師の先生にお願いして接遇マナーや仕事に取り組む姿勢の考え方などを学びます。もちろんその他にも理事長先生の講話、他の分院長の先生や本院勤務医の先生の歯科知識に関する講義、実習があります。

診療中に時間をとって専門的な歯科知識を教えるのはとても大変です。でも青葉会では入社してまずは歯科知識の勉強に集中できる新人研修合宿があるので、歯科助手・受付の仕事に興味があるけど知識がないと難しいのかな?・・という方でも安心して応募してください。(入社後はたくさん勉強してもらいますが)

 

応募前に実際に見学してみたい方はご連絡ください☺

 

 

 

 


感染予防対策のため「マイタオル」をご持参ください

コロナの感染がどんどん増えていますね。もちろん当院でも引き続きコロナ前以上の感染対策は続けており、みなさんにも検温や手指消毒などご協力をお願いしております。

コロナ前は治療中やクリーニング中は水がはねるのでお顔にタオルをお掛けしていましたが、飛沫がついたタオルは取り扱うのに感染リスクが高いと判断したため現在は廃止しております。

しかし治療中はお顔にタオルをかけてほしい方は沢山いると思います。(私もタオルをかけてもらえると安心します)

そこでみなさんにご自身のお顔にかける「マイタオル」のご持参をお願いしております。

万が一お忘れの際は、スタッフにお声がけくださいね!(数に限りはございますが用意しております)

大変ご不便おかけしますが、みなさまのご理解とご協力をお願い致します。

 

 

 

 


コロナむし歯に注意

 

コロナ禍で「虫歯」になる人が急増しているようです・・。みなさんは大丈夫でしょうか?

どうしてコロナによって虫歯が増えてしまっているのかというと・・このような原因が考えられます↓

 

お家時間が増えてお子さんがおやつを食べたり、ジュースを飲んだりする回数が増えた

→コロナ太りにも気を付けないといけないですね。

歯科医院はコロナの感染リスクが高そうなので不安で定期健診に行けていない

→歯医者さんはコロナ禍では行くのが躊躇してしまいますよね。感染対策をしっかりしている歯科医院で安全に治療や定期健診を受診しましょう。

ステイホームで人と会話をする機会が減り、唾液の分泌が減って虫歯のリスクが高くなる

→ストレスも唾液の分泌の減少の原因になってしまいます。オンラインで家族や友人と会話するのもたまにはいいかもしれないです。

マスクで口呼吸

→マスクをずっとつけていると、息苦しさからマスクの下で口呼吸をしている事が多くなっているそうです。口呼吸も唾液の分泌量が減るので、口腔内に細菌が溜まりやすくて虫歯のリスクに繋がります。

コロナの影響で虫歯にならないように注意しましょう。

 

 


歯磨きはインフルエンザなどのウイルス感染対策に有効だとご存知でしたか(・∀・)??日頃から丁寧な歯磨きを心がけてウイルスから体を守りましょう!!

歯は全身の健康にも深くかかわっています。歯を出して気兼ねなく笑うことやよく噛んで食事を楽しむことは免疫力アップにもなります。

歯の治療に不安がある方は治療の説明動画を是非ご覧になって下さい!言葉だけでの説明よりも分かりやすいと思います✨

インプラント動画 失った歯を補うための治療法です。

 

PMTC・ステインオフ動画 タバコのヤニなど歯に着いた頑固な汚れが気になる方へ

 

ホワイトニング動画 着色した歯を元の白さに戻します。白い歯はとても魅力的です。

 

セラミック治療動画 差し歯を天然の歯のように美しく入れられます。

 

インドアビュー