東仙台駅から徒歩8分

ロキソニンとボルタレンの違い

みなさん、こんにちは!

かさはら歯科医院、歯科医師の岩谷です。

先日、歯科治療の際に患者さんから「先生、痛み止めを出して欲しいんだけど、ロキソニンは全然効かないのでボルタレンを出してくれる!」と言われました。ボルタレンの方が、効果が強いと認識されている患者さんがいるようです。そこで本日は、歯科治療で一般的に処方される痛み止めの、ロキソニンボルタレンの違いついてお話をしようと思います。

 

ロキソニンはロキソプロフェンナトリウム、ボルタレンはジクロフェナクナトリウムという成分で、お薬の化学的な構造が異なります。どちらも抗炎症作用および解熱鎮痛作用があります。抗炎症作用のあるお薬としてステロイド薬が有名ですが、ロキソニンとボルタレン、どちらもステロイドではないお薬になります。ここから、ロキソニンとボルタレンの違いとして以下の3つの項目について考えていきたいと思います。

 

  即効性

  持続性

  効果の強さ

 

  即効性

お薬を体内に取り込んでから血液中の濃度が最大になることを最高血中濃度と言います。最高血中濃度になるまでの時間が短かいほど即効性があると言えます。ボルタレンと比べてロキソニンの方が最高血中濃度になるまでの時間が短いため、ロキソニンの方が即効性があると言われています。(最高血中濃度: ロキソニン→0.79時間 <  ボルタレン→2.72時間)

 

  持続性

体内に入ったお薬の血液中の濃度が半分になるまでの時間を半減期といいます。半減期が長いほど、お薬が体内に残っている時間が長いので、持続性が高いと言えます。ロキソニンとボルタレンの半減期に大きな違いはないため、持続性は同じくらいであると言えます。

(半減期: ロキソニン→1.3時間 =  ボルタレン→1.3時間)

 

  効果の強さ

効果の強さについては、体格や代謝など個体差の影響が大きいと言われています。たまにボルタレンの方が効果が高いと言う方がいますが、①即効性ではロキソニンの方が優れており、②持続性は大差がないため、ボルタレンの方が効果が高いという明確な根拠はなさそうです。どちらのお薬も消化器障害の副作用のリスクがあり、副作用の発生率はボルタレンの方が高いため、副作用がある分、効果が高いと考える人がいるかのかもしれません。

まとめ

即効性はロキソニンの方が高く、持続性に大きな差はない。

インドアビュー