東仙台駅から徒歩8分

噛むと痛い

こんにちは。かさばら歯科医院のドクター、高橋(千)です。

今回は、『噛むと痛い』歯医者さんに行ったことのある方なら、1度は感じたことのある痛みを解説いたします。

虫歯の痛みは、冷たいものが凍みる(冷水痛)、甘いものが凍みる(甘味痛)温かいものが凍みる(温熱痛)がよくある症状。しかも、軽い虫歯であれば、症状は出る可能性は少ないです。

進行すれば、何もしなくても痛む(自発痛)、噛むと痛む(咬合痛)などの症状が出るようになります。ここまでくれば虫歯の末期症状で、歯の神経にまで虫歯菌が感染している状態になっており、神経を取る治療を行う必要があります。

もし今噛むと痛い症状が出ている方がいらしたら、上記の状態に当てはまらない方がいらっしゃるかと思います。

その場合は一体どんな状態なのかを解説していきます。

進行していない虫歯で噛むと痛い症状が出ている場合、歯と歯の間に虫歯が発生して食べカスが挟まるようになります。それが歯茎を圧迫した結果、歯茎が腫れて噛むと痛む症状が出ます。実は痛かったのは歯茎なんですね。治療を行って、歯茎のこれは小児の虫歯に多く見受けられます。治療後にデンタルフロスをしっかり通すようにして歯茎の腫れが治れば自然治癒していきます。

あとは、歯周病や、歯の根っこが膿んでしまった場合に噛むと痛むケースがあります。状況に合わせた治療が必要になってきます。

歯周病で噛むと痛い場合では、歯茎が腫れることで痛みが出ます。なんとなくこの辺が痛いと言われることが多いです。歯茎はつながっているので歯が痛い時のようにピンポイントで痛いことはあまりありません。このケースではデンタルフロスや歯間ブラシを通すことによって改善しやすくなります。

あともう一つ大事なのは噛み癖です。これは非常に厄介です。虫歯がなくても冷たいものが凍みる、噛むと痛いといった症状が出ます。これは噛む力が集中しすぎることによって歯が過敏になってしまうことに起因します。

また、元々治療前には症状がなくても、治療後に噛み合わせの微々たる変化で咬合痛に変化してしまう場合もあります。不運にも起きてしまった場合は噛み合わせを調整したり、痛い場合には無理して噛まないことが大切です。噛むのをやめると、歯が休まり痛みにくくなります。

おそらくレントゲンを撮っても異常なしと言われてしまうとこもあります。確かにレントゲンでは悪いところは出ないこともあり、本当に異常が見当たらないこともあります。問題なのは『力』なのです。

この力をコントロールするのはとても難しいのです。今までずっと繰り返してきた食事の習慣を変えることになるからです。今右で噛んでるから左でも噛まないといけないななどと、意識して食事をされる方はほとんどいないからです。

お困りの時はぜひご相談ください。

インドアビュー