東仙台駅から徒歩8分

乳歯から永久歯に変わる時

こんにちは、歯科助手の色川です。
今月私は、友達と色んなところにショッピングへ行き沢山買い物をしました!買う予定ではなかったものまで沢山買ってしまったけど全部可愛いのでこれから沢山使っていきたいと思います!自粛をしながらたまには感染症対策をしっかりとしおでかけしてほしいものを買ってくださいね!

さて今回は、乳歯から永久歯に変わる時についてお話したいと思います。
乳歯から永久歯への生え変わりは、個人差もありますがだいたい6歳頃から始まります。
2〜3年かけて、永久歯へと完全に生え変わります。永久歯になると噛む力もずっと強くなります。
あごの発達のためにも永久歯が生え、永久歯の歯列完成までの間に歯並びや噛み合わせを整えることをおすすめします。
生え変わりの時期に、特に注意してもらいたいのが「虫歯」です。永久歯とはいえ、生え変わったばかりの歯の表面の組織はとても柔らかいため酸に弱く、傷もつきやすいだけに虫歯になりやすいときなのです。
お子さんの生え変わりの時期は、よくお口の中を観察し丁寧な歯磨きに加え、フッ素を取り入れ虫歯予防を徹底しましょう。
また、永久歯が生えてくるためにはあごの発達が欠かせません。「最近の子供はあごが小さい」「昔に比べると歯並びの悪い子が増えた」などと耳にすることはありませんか?
これはさまざまな要因があると思いますが、あごの成長にかかせないことの1つに「よく噛む習慣」があります。太古の昔は木の実などを採って食べていた私達の祖先は、きっと今よりあごもずっとがっしりとしていたでしょう。これはあまりにも昔の話の例かもしれませんが、少し前の世代に比べて、現代人が食べるものが柔らかくあまり噛まなくてもいい食べ物が多いと言うのは実感できることではないでしょうか?
噛まない習慣が続いていると当然あごは成長不十分となり結果、歯が正しく生えなくなってしまいます。
そのため意識的に噛み応えのあるもの、例えばレンコンやにんじんなどの根菜類やいかやたこなどの魚介類、その他ナッツ類などしっかりと噛まなければいけないものを食事にとりいれましょう。
とはいえ、硬いものばかり食べるのも歯とあごにとってよくありません。バランスが大事です。
子どもたちが好むハンバーグやスパゲッティなどの副菜には噛み応えのあるものを用意するなどの工夫をしてみてくださいね!

いかがでしたか??もし、わからないことなどかありましたらスタッフに聞いてくださいね!

インドアビュー