東仙台駅から徒歩8分

歯磨きと感染症予防

こんにちは、歯科衛生士、和田です。

世界的にコロナウイルスの感染が拡大しています。
目に見えない相手なので神経質になり過ぎても身がもちませんが、もちろん油断は大敵ですね。
以前に書きました、歯磨きと感染症予防の関係について、改めて掲載させて頂きます。

手洗いやマスクの着用といった予防策が一般的ですが、実は『歯磨き』にも免疫力を上げることによって感染症を予防する効果があることが分かっています。

お口の中には常にたくさんの細菌がいます。
その数は諸説ありますが、一説には6000億以上ともいわれていますので…天文学的な量であることは間違いありません。

歯周病の原因菌は歯茎の炎症の原因となるLPSという毒素を放出しますが、それ以外の常在菌も色々な物質を作り出しています。
その1つにプロテアーゼという酵素もあります。
このプロテアーゼは人体がタンパク質を作ったり壊したりしながら成長していく過程に必要不可欠なようですが、粘膜にウイルスを侵入しやすくしてしまうという弊害もあるようです。

つまり、プロテアーゼが増えやすい環境であればあるほど、ウイルスなどに感染しやすいと言えますね。
この酵素を減らすには…言うまでもないですが、大元であるお口の中の細菌を減らすことが効果的です。
東北大学の研究でも、介護施設で週に1回、専門的口腔ケアを実施すると、気道の感染症やインフルエンザが著しく減少した、という報告があります。

細菌を減らすための歯磨きというのは、特別なことではありません。
歯と歯の間や、歯と歯茎の間まで、優しく丁寧にプラーク(歯垢)を取り除き、定期的に歯ブラシを交換して衛生的な状態を保つ…という、『虫歯や歯周病の予防』のための歯磨きと変わりません。
基本の歯磨きをしっかり行えば、一石二鳥で『感染症の予防』も出来てしまうのです。

それから余談ではありますが、風邪やインフルエンザの予防策の定番である『うがい』について、ちょっと意外なことを知りました。
実はウイルスは喉や鼻の粘膜に付着すると、数分から20分の間には体内に入り込んでしまうそうです。
つまり帰宅後にうがいをしても、口や鼻にウイルスが入った後では時すでに遅し…ということらしいのです。

まずは不要不急の外出を避け、手洗いなどでウイルスとの接触を防ぐこと、そしてお口の中を清潔に保ってウイルスの侵入を防ぐこと、この基本でも感染予防の効果はかなり高まるのではないでしょうか。

インドアビュー