東仙台駅から徒歩8分

3歳児検診

皆さん、こんにちは。歯科医師の鈴木 敬です。

最近は温暖の差が激しくて風邪気味に…。体調管理には気をつけて下さいね。

今回は、「3歳児検診時の歯並び」について書こうと思います。

親御さんから聞かれることの多くは、歯並びについてです。見た目がわかるというのも気になる事だと思いますし、ご自身が苦労したので子供は歯並びを良くしたいという方もいらっしゃいます。

今回のテーマにした3歳児歯科検診で行うのは、

歯並びが子供の歯で悪い場合は、大人の歯になった場合、悪くなる可能性が高いので、それを見つけ注意を促すという意味合いが強いかと思います。

ですので、診断をした先生にもよって判断が違うことがあるのではと考えます。

どんな基準で行うかというと、

日本学校歯科医会の判定基準では、

0 :異常なし

1 : 定期的な観察が必要

2 :専門医〔歯科医師〕による診断が必要

   とくに個別指導、健康相談重視

 また、具体的な咬合判定「2」の基準は、

1 下顎前突  2上顎前突 3開咬 4叢生  5 正中離開

6 その他

前歯部2歯以上の逆被蓋

オーバージェットが 7~8mm 以上 (デンタルミラーの直径の

半分以上)

上下前歯切縁間の空隙が 6mm 以上 (通常のデンタルミラーの

ホルダーの太さ以上)。ただし萌出が歯冠長 1/3 以下のものは除外) 隣接歯が互いの歯冠幅径の 1/4 以上重なり合っているもの 上下中切歯間の空隙が 6mm 以上(通常のデンタルミラーのホ ルダーの太さ以上)。 これら以外の状態で特に注意すべき咬合並びに特記事項

例えば、過蓋咬合、交叉咬合、鋏状咬合、逆被蓋(たとえ1歯でも咬合性

 外傷が疑われたり、歯肉退縮や動揺の著しいもの)

特記事項として軟組織の異常、左右同名歯の著しい萌出程度の差、過剰歯、

異所萌出歯、萌出遅延、限局した著しい咬耗、習癖、発音異常、運動制限、

鼻疾患となっている。

今回の改訂においては健康診断に先立って、小学校、中学校、高校の全学年において歯

 列・咬合顎関節に関して、事前に保健調査票を記入してもらうため、調査票を活用しての

 発達段階に応じた健康相談や保健指導が重要視されている。

ところで 3 歳児歯科健康診断では、

「よ い」( 異常なし )

「経過観察」( 顕著な歯列不正や不正咬合で、将来咬合異常が懸念される場合)

以上の 2 種類の分類のため、「よい」がほぼ正常になるので、それ以外はすべて「経過観

察」となるため、どこまでが「よい」になるのかの判定基準により、検診歯科医師の診断が 異なってくると考えられる。

3 歳児歯科健康診断は視診によるスクリーニング的要素も強く、正常か要観察かの二者択 一となる。保護者が同席しているため、今回の学校歯科健康診断における歯列咬合の判定基 準の見直しのように健康相談や保健指導を重要視し、どの点が定期的な観察が必要なのか、 現在の問題点と将来のリスクについて不安を与えないように説明することが必要である。 したがって3歳という発達段階を考慮すると、下記のような判定基準が妥当ではないかと考 えられる。

なお、下記の判定基準に該当する場合は、母子健康手帳のかみ合わせ欄の経過観察を丸で 囲み、特記事項欄に「矯正治療の時期および口腔習癖や生活習慣指導を含め、かかりつけ歯 科医をみつけご相談下さい」という内容を記載する。

3 歳児歯科健康診断における不正咬合の判定基準

1 反対咬合

2 上顎前突 3 過蓋咬合 4 開 咬 5 叢 生 6 交叉咬合

前歯部の連続した 3 歯以上の逆被蓋

3 歯未満の前歯部の逆被蓋は前歯部交叉咬合とする

オーバージェット 4 mm 以上

オーバーバイト 4 mm 以上(下顎前歯が上顎前歯に覆われて見えない) 上下前歯切縁間垂直的に僅かでも空隙のある者 隣接歯が少しでも重なり合っている者

左右どちらかでもある者

日本小児歯科学会から抜粋

少し専門的になってしまいましたが、保護者の方との協力、説明した上での経過観察が必要なのではないかと思います。

インドアビュー