東仙台駅から徒歩8分

お母さんのお口の中👶

皆さんこんにちは

歯科助手の小山です!

今回はお母さんになってからのお口の状態などについてお話しします!

まずは妊産婦について、妊産婦とは妊娠期および授乳期を含む出産前後の女性(妊娠開始から産後6〜8週)のことです。

妊産婦のお口の状態は

⚠️ホルモンバランスの変化(エストロゲン、プロゲステロン)によって唾液の分泌量に変動が起こりやすい。

→唾液にはさまざまな働きがたくさんあり、お口の衛生にとても重要な役割を果たしています!

浄化作用;食べカスを洗い流す

抗菌作用;唾液には細菌を殺菌、発育を抑制する成分がある

緩衝作用;酸やアルカリが加えられても口腔内やプラーク中のpHが反動にくいなど

お口の中を中性状態にたもっているのも唾液のおかげです!

⚠️つわりによって食生活の規則性が失われ、食事や間食の回数が増加、口腔清掃がおろそかになる傾向があります

→歯周病やむし歯が発症しやすく、疾患が増悪する

妊産婦は、つわりや体調または精神状態が変化しやすいのでできる範囲でお口の中を清潔に保ちましょう!

→〝歯ブラシを入れると吐き気がする”場合は歯ブラシを小さいものに変えたり、ブラッシング方法を工夫、うがいを頻繁に行うなど出来ることをしてみて下さい!

⚠️飲酒やタバコの習慣がある方は禁酒・禁煙の必要があります!

タバコのニコチンは血管を収縮させ、胎盤への血流を減少させることから早期出産や低体重時(2500g未満の出生児)が生まれることが多いといわれています。

アルコールは胎盤を通して胎児に移行する事を理解する必要があります。控えましょう。

歯周病が原因で早産や低体重児が生まれるリスクもあります。お子さんが産まれる前の段階から、お口の中を健康に保つことも必要です。

歯科受診は一般的にはつわりがおさまり安定期に入る妊娠中期(4.5か月頃)がベストです。

妊娠されている際は、その旨を必ず歯科医師に伝えてください。

また産婦人科医から注意を受けていることなどがあればそちらも必ず歯科医師へ伝えましょう。

そしてお母さんの健康や栄養は胎児に影響します。

ちなみに歯を作るために必要な栄養素がたくさんあります。

糖質、たんぱく質:歯の基質形成に関与

脂質:リン脂質は歯の石灰化に関与

カルシウム、リン:歯の石灰化に関与

ビタミンA:エナメル質形成に関与

ビタミンC:象牙質形成に関与

ビタミンD:カルシウム、リンの吸収・代謝に関与

欠乏すると矮小歯円錐歯などが見られ、歯の萌出遅延をきたします。

 

歯や口の中の健康を守ること、お母さん自身が健康でいることは元気な赤ちゃんを産む上でも非常に重要なことがわかりますね!

気になることがあればお気軽にドクター、スタッフへお声がけください😊

 

インドアビュー