東仙台駅から徒歩8分

正しいブラッシングの仕方✨

こんにちは😊4月からかさはら歯科医院の歯科助手になりました色川です!

 

入社して1ヶ月ちょっとしか経っていませんがみなさんに笑顔になってもらえるように精一杯頑張ります☺️これからよろしくお願いします!

 

さて、みなさんは正しいブラッシングの仕方を知っていますか?普段日常生活の中で何気なく行っているブラッシング。もしかしたら、間違ったやり方をしてしまっているかもしれません💦そこで正しいブラッシングの仕方を覚えて自身の歯を維持しましょう!

 

まず、正しいブラッシングを行うには正しい歯ブラシ選びが大切です!
選ぶポイントは4つあります!

 

❶毛の硬さ

→歯や歯茎の状態にあったものにしましょう。

❷ヘッド(毛のある部分)の大きさ

→小さめの方が操作しやすいです。

❸ハンドル(持つ部分)の形、太さ

→持ちやすく、自分にあったものにしましょう。

❹ネック(ヘッドとハンドルの繋ぎ目)の形

→スリムな方が奥まで届きしっかりブラッシングできます。

 

本題の正しいブラッシングの仕方です!ポイントはたったの3つ😲!

 

❶毛先をきちんとあてて磨きましょう♪

→毛先を歯面に90度(直角)にあてて磨く事と、毛先を歯と歯茎の境目45度の角度に磨く事の2つを使い分けて磨きましょう。

❷小刻みに動かして磨きましょう♪

→1,2歯ずつ磨く感じで小刻み(1~2ミリ幅)に歯ブラシを動かしましょう。

❸軽い力で磨きましょう♪

→ペンを持つように歯ブラシを持ち、150~200グラム程度の力で磨きましょう。

 

おまけでより丁寧に磨くポイントをご紹介します!❶奥歯の後ろ側の磨き方♪

→歯ブラシのつま先側(毛先側)を使って磨いてみましょう。

❷奥歯の手前側の磨き方♪

→歯ブラシのかかと側(ネック側)を使って磨いてみましょう。

❸前歯の裏側♪

→歯ブラシをたてて1本ずつかきだすように磨いてみましょう。

❹磨く順番を決めて磨いてみましょう♪

上の歯の奥歯→上の歯の前歯→右上奥歯の咬み合わせ→左上奥歯の咬み合わせ→下の歯の裏側→下の歯の前歯→左下奥歯の咬み合わせ→右下奥歯の咬み合わせ

のように順番を決めてみましょう。

 

どうでしたか??参考になりましたか??☺️間違ったブラッシングをしてしまうと傷がついたりしてしまうので気をつけてくださいね!正しいブラッシングの仕方を覚えて歯を大切にしようと思ってもらえたら嬉しいです😊少しのポイントだけで歯のお悩み等もスッキリになるかもしれません!ぜひ、みなさんもやってみてくださいね👏

インドアビュー