東仙台駅から徒歩8分

口腔カンジダ症とは

こんにちは。

かさはら歯科医院、歯科医師の角田です。

本日は口の中に出来る病気、口腔カンジダ症について書かせて頂きます。

 

口腔カンジダ症は、Candida albicansという真菌を主体とする感染症であり、高齢者に多く見られます。Candida albicansは口腔内常在菌の1つであり、多くの人に共通して口腔内には存在しますが、通常は一定数以上に増える事はなく、病原性を発揮する事はありません。しかし様々な原因により、その数が上昇してしまう事があります。

 

その原因の1つには、口腔乾燥が挙げられます。口腔乾燥を引き起こす要因も様々ですが、加齢による唾液の減少、全身疾患としてのシェーグレン症候群などが挙げられます。

他の原因には薬の影響も挙げられます。抗菌薬の長期服用により、常在菌のバランスが崩れ、Candida albicansの増加に繫がります。これは菌交代現象と呼ばれます。

 

口腔カンジダ症の発生部位は様々であり、舌や頬粘膜、口蓋や唇に発生します。病態も様々ですが、多くの場合には苔の様な白色の病変が範囲的に見られる他、赤い炎症性の病変が見られます。特に白色病変の際にはガーゼなどで拭う事で、容易に払拭出来る事が特徴です。

 

症状としては、何もせずともヒリヒリとした痛みが感じられたり、冷たいものや辛い物、酸っぱい物といった刺激物での食事の際に痛みを感じられる事が多いです。

 

治療法としては抗真菌薬の服用が第一選択となります。ミコナゾール、アムホテリシンBが一般的ですが、ミコナゾールのゲル剤(フロリードゲル)は他の薬剤との併用禁忌が多い薬剤です。代表的な併用禁忌の薬剤として、ワルファリンと併用した場合に、ワルファリンの作用が増強し、重篤な出血を起こす場合がある為に、特に多剤服用の患者に対しては処方に慎重にならなければいけません。一方で、アムホテリシンB(ファンギゾンシロップ)は副作用も少なく、比較的安全に処方できる薬となっています。

 

口腔カンジダ症にて最も難しいのは、その診断です。口腔内における白色病変はカンジダ以外にも多く存在し、その中には病態が口腔カンジダ症と類似する疾患も存在します。口腔カンジダ症の確定診断は病変部を綿棒などで払拭し、カンジダ菌を培養する検査にて得る事は出来ますが、一般的な歯科医院では行っていない事が多く、検査を受ける為には大学病院などの大きな病院を紹介する事もあります。

 

以上、口腔カンジダ症について書かせて頂きました。

何か分からない事がありましたら、遠慮なく聞いて頂ければと思います。

インドアビュー