東仙台駅から徒歩8分

フッ化物洗口 子供編

皆さんこんにちは( ´∀`)

仙台市宮城野区かさはら歯科医院、歯科衛生士の櫻井です!!

今回は、フッ化物洗口についてお話ししていきます!!

当院では、¨オラブリス¨をオススメしています!

 

🌻洗口液の作り方🌻

オラブリスは顆粒状で、水を加えて軽く振り混ぜることによって淡いピンク色の洗口液になります!

まずは、指示された濃度(0.05パーセント)の洗口液を作ります!

オラブリス1包(1.5グラム)に水300mlを加えると、濃度0.05パーセントの洗口液が出来上がります!

フッ素にはガラスを腐食させる性質があるので、洗口液を作る容器はプラスチック製を使用します!

オラブリスには専用の溶解ビンがあり、目盛りも付いているため、このビンの300mlのラインに合わせて水を加えることで、簡単に洗口液を作ることが出来ます!

 

🌻フッ素洗口の手順🌻

1、洗口前に歯を磨くか、あるいは水で口をよくすすぎます!

2、指示された1回分の液量(5〜10ml)を用意します!

オラブリス溶解ビンの場合は、計量部のキャップをゆるめ、中央部のへこんだ部分を押すことにより、計量部に液が流れ込みます!

また、計量部には5mlと10mlの部分に目盛りがついているため、適量を簡単に取り出すことが出来ます!

3、洗口液を口に含み、洗口液が歯面に行きわたるように口を閉じて約30秒間、ブクブクうがいを行います!

この時、液を飲み込まないように下を向いてうがいをしましょう!

4、洗口後は、口に残った液を吐き出したまった唾液を1〜2回吐き出せば、水で口をすすぐ必要はありません!

5、洗口後30分間は、うがいや飲食を控えましょう!

 

🌻フッ素洗口注意点🌻

1、使用に当たっては説明を十分に聞き、理解したうえで指導を守って下さい!

2、小さな子が洗口する場合は、保護者の監視下で行います!

必ず事前に水で練習し、できることを確認して下さい!

3、オラブリスは、顆粒の状態のままでは劇薬です!

必ず溶解して洗口液を作り、使用するときは歯科て指示された液量を守って下さい!

4、洗口液は毎回1回分ずつを取り出し、残った液は捨てて下さい!

5、使用後は、溶解ビンのキャップをしっかりと閉め、冷蔵庫で保存して下さい!

 

上記の内容がオラブリスについてです!

色々と気をつけたりする点がありますが、これをすることによって、大人の歯(永久歯)の歯質が強化されてムシ歯予防となります!

また、1回だけでは効果が得られないので継続で使用することによって強化されていきますので、もし、ご希望の方がいましたらスタッフに尋ねてみて下さい☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

インドアビュー