東仙台駅から徒歩8分

お口の中の検査

こんにちは(*^ω^*)仙台市宮城野区かさはら歯科医院の後藤です(о´∀`о)

かさはら歯科医院では、初診で来院される患者さんには必ずカウンセリングでお話を聞いて、お口の中の詳しい検査をしてから治療に入ります。

色々な検査をさせて頂くのですがその中に

「口腔内写真撮影」があります。

なぜこのような写真をとるのでしょうか??

今回は口腔内写真撮影について詳しく説明していきます(o^^o)!

 

・自分の口腔内に興味を持って欲しい

かさはら歯科に来てくださった患者さんには、ぜひご自分のお口の中と向き合ってもらい、歯の治療やメンテナンスをとおして、より良い生活を送って欲しいです(*^ω^*)

まずは自分の口の中がどのようになっているかを写真で見て興味を持ってください♪

なかなかご自分のお口の中を見る機会ってないですよね(^^)

歯は何本あるか?詰め物が入っているか?歯の色は?歯茎の炎症はないか?

などいろんな気づきがあると思います!!

 

・先生が説明しやすい&患者さんも理解しやすい

口腔内写真があれば、自分で見ることが出来ない歯の裏側なんかもしっかり確認できます!説明するときに、写真があれば患者さんもイメージしやすいと思います(^∇^)

レントゲンだけだと、白黒なので分かりづらい時もあります!

 

・患者さんの口腔内の状態を記録できる

口腔内の状態をカルテに記入しても、文字だけじゃ表しきれないこともあります。。。

治療前の写真を撮ることによって、治療前と治療後で比較ができますね(^○^)

例えば、転んで前歯が欠けてしまった時・・「前と同じような形に治してください」と言われても、口腔内写真を撮っていないと記録がないので・・分からない、、、

という事になる可能性もあるのです。

なので、写真を撮って記録しておくことは、患者さんご自身の為にもなります!!

 

口腔内写真撮影は患者さんの協力が必要になります。両手でフックを持ってもらったり、口の中に大きな鏡が入ったり、口をずっと開けてないといけない時もあるので、もし口が開けづらかったり、嘔吐反射が強い場合はスタッフに遠慮なく言ってください(^∇^)

また、口腔内写真撮影は初診の時だけじゃなくて、定期健診や、久しぶりに治療を受ける際に新しく撮影し記録します。

口の中の環境はとても変わりやすいのです。

定期的に撮影して記録することが適切な処置やメンテナンスにつながりますのでご協力お願いします(^ν^)

 

 

インドアビュー