東仙台駅から徒歩8分

歯に良くない食べ物と飲み物

こんにちは!仙台市宮城野区新田のかさはら歯科医院 歯科衛生士の安部です!
最近かなり暑い日が続いてますね!

今日は歯に良くない食べ物と飲み物を紹介します。

1.柑橘類
ビタミンCが豊富で美肌効果もあると言われているオレンジやレモンといった柑橘類は、実は歯に悪いとされている食べ物の一つです。これらに含まれている強い酸と糖分が歯に悪影響を及ぼしてしまいます。日常的に多く摂取している人は気をつけてください。

2.ドライフルーツ
栄養価が高く健康的な食べ物として注目されているドライフルーツ。こちらは、糖分を多く含んでいることと、ねっとりと柔らかい食感で歯にくっつきやすいことから歯には悪い食べ物と言われています。

3.スナック菓子
ポテトチップスなどのおいしいスナック菓子は、もちろん歯に悪い食べ物です。塩辛い食べ物ですが、意外と糖分が多く含まれています。さらに歯にもくっつきやすいので、歯には多くの悪影響を与えます。

4.キャラメル
甘くておいしいキャラメル。しかし、ネバネバしたキャラメルは長時間口の中に砂糖のかたまりを入れておくことになります。歯に悪い食べ物であることは納得できますよね。キャンディー類もキャラメルと同じなので注意しましょう。

5.チョコレート、砂糖入りガム
糖分がたっぷり含まれていて、歯にくっつきやすいチョコレートはもちろん歯には悪い食べ物です。また砂糖入りのガムは、キャラメルと同じように長時間口の中に砂糖を含んでいることになります。子どものおやつには避けた方がいいと言えるでしょう。

6.硬すぎる食べ物
よく噛んで食べることは良いことです。しかし、硬すぎる食べ物を食べると、歯のかみ合わせを狂わせてしまい、反って歯に悪影響を及ぼしてしまうので気をつけましょう。

続けて歯に良くない飲み物を紹介します!

1.コーヒー
コーヒーを飲むと、ステインによって歯にシミを作ってしまうことは多くの人が知っているでしょう。さらに、コーヒーには歯の表面をネバネバにする作用があり、食べ物が歯にくっつきやすくしてしまうので、歯には悪い飲み物と言えます。

2.赤ワイン
ポリフェノールが含まれた赤ワインは、体に良いことで知られていますが、歯のことを考えると気をつけたい飲み物です。赤ワインは酸性の飲み物です。酸は歯に悪影響を及ぼすことを柑橘類の時にご紹介しましたが、実は酸は歯を溶かしてしまうのです。歯の為にも健康のためにも飲み過ぎには注意しましょう。

3.炭酸飲料や清涼飲料水
炭酸飲料は、文字にもあるように酸を含む飲み物です。また、清涼飲料水は体に良さそうなイメージですが、実は糖分が多く含まれています。歯だけでなく体にも悪いので、日常的に摂取することはやめましょう。

今は暑いので炭酸飲料やスポーツドリンクを飲む機会が多いと思いますが飲む回数や頻度に気をつけて生活していきましょう!

インドアビュー