東仙台駅から徒歩8分

小児の外傷について

おはようございます。
かさはら歯科医院、歯科医師の角田です。
本日は小児の歯の外傷、その中でも永久歯が何らかの衝撃によって折れてしまった、抜けてしまった場合に、患者さんが行える対応についてお話させて頂きます。

外傷を受けた歯を救う為に大事な事は、何よりも即時の対応です。それは可能な限り早く歯科医院を受診される事は勿論ですが、それ以外にも患者さんが出来る事があります。

歯が抜けてしまった場合。
1、歯をすぐに拾う。この時には必ず、歯の頭の部分(白い部分)を持ち、根っこの部分(黄色の部分)を持たない。
歯が砂などの環境で汚染されている場合は、冷たい流水でよく洗う。
2、可能であれば、歯を元あった場所に戻す。この時、歯を戻した後はハンカチなどを噛んで固定をする。
3、歯を戻せなかった場合は、歯の保存液か牛乳、食塩水に入れる。これらが入手出来ない時には、抜け落ちた歯を患者の口の中に入れる。この際に、歯は頬と歯の間の部分に入れて、歯を傷つけない様にする。
4、すぐに歯医医院に連絡をして、来院する。

歯が折れてしまった場合。
1、歯の破折片を拾う。
2、欠片を元の位置に戻し、指で固定する。
3、すぐに歯科医院に連絡をして、来院する。

以上の内容が、患者さんが出来る対応となっています。
患者さんが歯科医院に来院されたら、問診、検査の後に治療へと移ります。この時、患者さんがいつ、どこで、どの様に、といった受傷時の状況を正確に把握して頂けますと、治療にスムーズに移る事が出来ます。

最後に繰り返しますが、歯の外傷の治療は時間との勝負です。
出来る限り早く歯科医院に来院して頂く事は勿論ですが、外傷を受けた歯を救う為に、患者さんにも行う事が出来る上記の様な対応をして頂けると助かります。

インドアビュー