東仙台駅から徒歩8分

歯周病と全身疾患

こんにちは!仙台市宮城野区のかさはら歯科医院 歯科衛生士の安部です!今回は歯周病と全身疾患の関係についてお話しします。

虫歯とともに歯を失う原因として知られているのが歯周病です。歯を失う原因の80%以上が虫歯と歯周病だと言われています。口臭の大きな原因にもなっているこの歯周病、実は歯を失うだけでなく、全身の健康にも大きくかかわっているのです。また一方、生活習慣によってこの病気になる危険性が高いことから生活習慣病と認定されています。ここでは歯周病の原因、全身との関連についてお話していきたいと思います。

 

歯周病の進行を加速させる原因としては

・歯石(歯垢がカルシウム成分で固まったもの)
・不規則な食生活(歯垢がだらだらつきやすい)、歯垢の付きやすい食習慣(甘い物、軟らかい物を多く食べる傾向がある)
・縁がぴったり合っていない歯の詰め物・かぶせ物(段差部分に歯垢がたまる)
・悪い歯並び(ブラッシングが行き届かない)
・喫煙(歯茎の血行不良・唾液減少をおこす)
・かみしめ・食いしばり・歯ぎしりなど歯への過剰な負担
・口呼吸(口の中が乾いて歯垢がつきやすくなる)
・ストレス(唾液減少により歯垢が付きやすくなる)
・全身疾患(糖尿病、骨粗鬆症、ホルモン異常)
・妊娠中(ホルモンの影響)などがあげられます。

 

歯周病と聞くと口腔内のトラブルというイメージが強いですが、歯周病の原因となっている細菌は血管内に入り込んでしまうことがわかっており、それによって全身にも悪い影響を及ぼすことがわかっています。歯周病と関連のある疾患をいくつかご紹介します。

•糖尿病

歯周病と密接な関係があり、お互いに悪影響を及ぼしていると言われています。糖尿病になると歯周病が進行しやすく、歯周病は糖尿病の合併症の一つとされています。一方、歯周病が進行することで糖尿病の症状も悪化しやすくなります。実際に、糖尿病患者の歯周病を治療することにより、血糖値のコントロールが改善したという経過観察研究もあります。

•虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞など)

歯周病原性細菌が血管内に侵入すると炎症を起こし、動脈硬化が進みます。その結果アテローム性プラークというお粥状の物質がどんどんつくられてしまい、血管に付着、溜まっていき、血管を狭くしてしまうのです。

•早産、低体重児出産

妊娠中はもともとホルモンの関係で歯周病になりやすいのですが、歯周病の原因菌や炎症反応で産生された炎症性物質が血流にのって子宮に到達すると、子宮筋の収縮を引き起こします。それによって出産の時期が早まってしまい、赤ちゃんがきちんと大きくならないうちに出産となってしまうことがあるのです。

このほかにも骨粗鬆症、関節リウマチ、菌血症、腎臓病など、多くの疾患と歯周病は関連があるとされています。

歯周病の恐ろしい所は、初期の段階では症状があまり出ないことから気づきにくいということです。気づかないうちに進行した歯周病は、全身に様々な悪影響を与えてしまいます。まずは、歯茎の赤み・腫れや出血のサインを見逃さず、疑問に思ったらまずは歯科医院でチェックしてもらいましょう。また、全身の健康のためにも歯周病予防や早期治療を心がけていきましょう。

インドアビュー