東仙台駅から徒歩8分

第2回口腔解剖学講座『歯周組織』

こんにちは、仙台市宮城野区のかさはら歯科医院、歯科医師の関です。
今回は前回の『歯の構造』に引き続き、歯の周りの構造『歯周組織』についてです。

歯周組織は歯肉、歯槽骨、歯根膜、セメント質の4つの組織から構成され、歯を支えるような役割の組織です。歯周組織に炎症が生じている病態が歯周病です。
それでは、各構成組織をみていきましょう。

①歯肉(しにく)
所謂、歯茎と言われる組織です。歯周組織のうち外側から唯一見える部分で、粘膜と呼ばれる軟組織です。健康な歯肉はピンク色または淡い赤色をしています。しかし、汚れがたまり炎症が生じると、赤みが強くなり、ぷっくり腫れ、触ると出血するようになります。これが歯肉炎です。歯肉炎は歯周病の始まりです。もしみなさんの歯肉がこのような状態なら、もう少し歯磨きを頑張る必要ありですね。
歯肉はさらに付着歯肉と遊離歯肉に分けられます。
付着歯肉は、歯や歯槽骨と結合しており、動かない部分の歯肉です。遊離歯肉は、歯に結合していない辺縁の歯肉です。歯と遊離歯肉の間の溝は歯肉溝と呼ばれ、通常1mm前後の深さがあります。歯周病が進行すると、後述する歯根膜や歯槽骨が破壊されて歯肉溝は歯周ポケットと呼ばれる深い溝になってしまいます。

②歯根膜(しこんまく)
歯根膜は、歯根と歯槽骨の間にある線維性の結合組織で、歯周靭帯とも呼ばれます。歯と骨を繋ぎ止める役割をするとともに、クッションのように咬む力を吸収・分散したり、咬む力を刺激として受容し脳に伝えその力をコントロールする役割も担っています。
健康な歯でもわずかに揺れるのは、この歯根膜があるためです。骨と直接結合させるインプラントには歯根膜がないため、歯は揺れず咬み心地も異なります。
歯根膜には神経も分布しているため、炎症が起きると痛みを感じます。咬んで痛みを感じるのは歯根膜に炎症生じている状態です。歯根膜に炎症が起きる原因として、虫歯・歯周病の他に歯ぎしり・食いしばりや咬み合わせが悪い、外傷などもあります。

③歯槽骨(しそうこつ)
歯槽骨は、顎の骨の中で歯を支えている部分のことです。歯根膜、セメント質を介して歯と繋がっています。歯周病が進行すると歯槽骨は吸収し、歯はぐらぐら揺れて最終的には抜けてしまいます。吸収されてしまった歯槽骨は特別な治療法をする以外は基本的には元には戻りません。したがって、歯周病にならない、進行させないために日々の歯磨きが非常に大切です。

④セメント質
前回の『歯の構造』でも紹介した、セメント質ですが、厳密には歯周組織の仲間です。詳しくは第1回口腔解剖学『歯の構造』へ。

インドアビュー